営業請負人たけもと ご利用の流れ

☛ ①90分間、会社(お店)情報、商品情報、営業実情を教えてください。

 ご依頼があれば、面談に伺い、あらかじめ弊社で質問事項を用意します。ご相談内容にもよりますが、約90分のヒヤリングの後、営業に関するいくつかのご提案をいたします。打ち合わせで基本方針が決まれば、後日、具体的行動計画書とお見積書をお届けします。商品知識はカタログ等を用意していただければ、実施日までに自習します。

☛ ②5日以内に行動計画書とお見積書を提出、試用契約へ。

 5日以内に行動計画書と御見積書を提出します。行動計画書には、営業請負人の活動期間、具体的な訪問件数、必要に応じて販促物製作など具体的なご提案をさせていただきます。契約は本契約に先立ち、3日間の試用契約をお勧めします。私どもの3日間の営業活動を見られ納得の上、本契約をしていただくシステムです。業態によれば3日間をマーケティングに充てる場合もあります。

☛ ③3日間の試用営業請負人の評価をしていただきます。

 3日間の試用期間は毎日、営業日報を提出し、手ごたえや行動計画書の見直しの報告、意見交換を行います。この試用期間は、営業請負人が最も緊張し、努力する3日間です。この3日間の営業活動で、営業請負人のこれまでの経験から自身の成果をある程度予測できるからです。

☛ ④ご予算、期間などご相談の上、本契約を結びます。

 営業請負人たけもとの営業活動に、ご納得いただけましたら、期間=ご予算を打ち合わせし、ご契約の運びとなります。営業請負人は1年3年という長期的な契約を強いる経営コンサルタントではありません。将来売上が伸び、事業の発展が確実になるための足掛かりである営業手法をご提供するものです。短期決戦。営業請負人たけもとは、時間と金をできるだけ使わない営業のプロです。

☛ ⑤営業請負人たけもとが結果を出します。

 御社、御店の従業員として、足を使って動きます。スキルを使って動きます。人脈をたどり動きます。苦手な新規営業を喜んでいたします。煩わしいクレーム処理を喜んでさせていただきます。展示会スタッフの代行もいたします。試用期間同様、日報を提出し、定期的に中間活動報告を行います。営業請負人たけもとは結果を出します。


便利屋ご利用はここ↑をクリック
便利屋ご利用はここ↑をクリック